キッズモデルの親の心構え

我が子をキッズモデルとして活躍させたいと望む親は少なくありません。

ですが、そういったキッズモデル・子役として子供が活動するためには、親も様々な覚悟や心構えをしておかなければらないということを、よく理解しておきましょう。

 

この心構えが不十分なままお仕事に携わることになると、親としても子供としても、そして仕事をする相手先にとっても非常にマイナスな事態になってしまうことが考えられます。

 

【キッズモデルにはお金がかかる】

キッズモデルおオーディションなどにお金がかかることはありません。

ただし、キッズモデルの事務所に登録するには一定の金額が必要になりますし、レッスンやスクールに通うようになれば数十万円単位で負担しなければならなくなるのです。

 

しかも、キッズモデルとして活動して黒字になるかというと、けしてそうではありません。

仕事に際しても交通費や宿泊費をモデル側で負担しなければいけない場合が多いですし、収入も多くはありません。有名になれば話は別ですが、稼げるお仕事というわけではないのです。

 

【子供の負担を考慮する】

キッズモデルの親として注意しなければならないのは、子供の精神面・体調面の管理です。

特に精神面については、未成熟な子供であればこそ非常にもろく、そして時には残酷にもなります。

子供同士であればいじめの被害にあってしまうという可能性すらあるのです。

わずかでも子供に負担がいくようであれば、それはモデル活動を続けるべきか検討しなければなりません。

 

無理をしてモデル活動を続けても、けしてプラスになることはないのです。

 

【親が人間的に成熟する】

親の人間性は、ダイレクトに子供に伝わります。

それを参考にして子供の人格が形成されると言っても過言ではありませんよね。

 

このため、親は一般家庭以上に「よい大人」でいなければならないのです。

対人関係では優しく、子供には愛情を持って接し、必要な時にはきちんと叱ることができる。理想的な親でいることが、キッズモデルとして我が子を成長させていく秘訣となるでしょう。

 

【パッシングを受けることを覚悟する】

我が子をキッズモデルにするということは、場合によっては親の側が「金銭目的」としてパッシングを受けてしまうおそれがあります。

そういったパッシングを受けてしまう可能性をあらかじめ理解して、隙を見せないように大人としての態度を貫き通さなければなりません。

 

また、悪質な詐欺によってキッズモデル志望の親がだまされるという事件も起きているので、自らと子供を守るための見極めをしなくてはならないことを覚えておきましょう。

キッズモデル2ちゃんねるでの話題

キッズモデルはかねてからネット界隈でも注目されてきました。

 

やはり子供たちがドラマや映画で活躍しているのですから、応援したりその活躍を見守ったりするのは多くの意見です。

とはいえ、もちろんポジティブな情報ばかりというわけにもいきませんよね。ネット上では基本的に裏表のない屈託のない意見が取り交わされるものです。

 

ここでは、ネットにおける最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」における、キッズモデル関連の話題についてご紹介していきましょう。

 

【アイドルブームに乗った話題】

子供をアイドルにしたいという親が増えていることを紹介した記事から派生した話題になりますね。

アイドルブームに乗ったこの流れについて、月あたりに必要な金額や入学金などについての情報が交換されています。

 

注意しておきたいのは、このスレは「我が子をアイドルにしたい」と考えている方が書き込んでいるわけではないということですね。

高いお金を払っても、芸能人として活動できるのは5%未満であることを指摘するなど、かなりこの状況を皮肉った書き込みも見られます。

 

【仕事についての情報共有】

2ちゃんねるは日本最大の掲示板サイトということもあり、実際に子供が子役・キッズモデルをしているという親からの書き込みも非常に多いです。

その時々に行われるオーディションや、各事務所に対する面接対策、あるいは仕事をどうやってもらっていけばいいのかの相談など、現場のナマの声がやり取りされるので、非常に賑わっている印象ですね。

 

【各事務所についての話題】

キッズモデルになるには、なんらかの事務所に所属するのが近道です。

ですが、そういった親の心理を逆手に取った詐欺が横行しているのも現実ですよね。

こういった詐欺に関する情報はもちろんのこと、このほかにも実際に大手事務所ではどのようなレッスンが行われているのかと言ったことまで話題に上ります。

 

【活躍中のキッズモデル】

現在活躍しているキッズモデルについての話題は、常に2ちゃんねるでも大盛況です。

大橋のぞみちゃんのときもそうでしたが、いまはやはり鈴木福くんや芦田愛菜ちゃんの関連で非常に勢いがありますね。

 

【総括】

2ちゃんねるは極めて便利なツールになりますが、ネットの情報はすべてをうのみにしてはいけません。

どれが嘘でどれが本当なのかをしっかりと判断する力が要求されてしまうのです。

このため、ひとつの情報だけに踊らされないように、自分で調べるという意識を常に持ち続けるようにしていきましょう。

赤ちゃんモデルになるには

赤ちゃん、と一口に言っても生まれたばかりの赤ちゃんから1歳前後の赤ちゃんまで・・・様々な月齢の赤ちゃんがいます。

では、赤ちゃんモデルになるには何をどうしたら良いのでしょうか?

 

一番気兼ねなく始められるのは、赤ちゃん雑誌やママ雑誌の読者モデルだと思います。

赤ちゃん雑誌やママ雑誌は現在赤すぐやベビモ、ひよこクラブ、SAKURAなどいくつかありますが、写真を投稿するなどの小さなものならほぼ随時募集されていることが多いです。

誌面に登場する読者モデルも、発売されている号に応募用紙がついていたりするのでそこから応募してデビューなんてことも出来ますね!

専属モデルも年に1回募集している雑誌もありますので、まずは誌面に登場するモデルから始めるのもいいと思います。

ただ、ママも一緒に・・・なんて場合もあります。

私も何度か子供と一緒に誌面に出たことがあります・・・これも子供のためと思ってやりましたが、とっても恥ずかしかった思い出があります。

 

読者モデル以外にも、色々なモデルがあります。

赤ちゃんですと身近なのは、オムツやおもちゃなど・・・普段良く目にする商品のパッケージのモデルなんかがあります。

自分の子供が、オムツなどのモデルになったら・・・それはもう親としては嬉しい限りですよね!!

そのような「パッケージモデル」になりたいのなら、フリーで活動するよりも、事務所に入ることをおすすめします。

事務所には書類審査や面接があって合格してはじめて所属出来る事務所や、誰でも気軽に登録できる登録制の事務所などがあります。

私の子供は現在事務所に所属しないフリーですが、幼稚園の頃に半年ほど、登録制の事務所に入っていました。

お仕事にはご縁がありませんでしたが・・・(笑)

赤ちゃん案件が多い少ない、所属の際に宣材写真などにお金がかかるなど、事務所によって様々なので、事務所選びは口コミなどで良く調べてから検討されたほうがいいと思います。

 

事務所選びや雑誌の応募は親御さんが頑張ることですが、実際にさて採用されたとなると、頑張らなくてはならないのはやっぱりお子さんです。

赤ちゃんの場合は特に、機嫌が悪くなってしまうこともありますのでとても大変だと思います。

人見知りをしてしまうお子さんはあまり向いていないのかもしれません。

使う側としてはどんなにかわいいお子さんよりも、扱いやすいお子さんを選びます。

私の子供は人見知りっこでした・・・今となっては全然しないのですが、人見知りする時期というのも赤ちゃんにはありますよね!!

また、赤ちゃんは親御さんの気持ちを察知します。

赤ちゃんが失敗してもイライラしたりせず、常に寛大な心でいられることが親御さんに求められるのかもしれません。

子供がうまく出来なくて、ついイライラしてしまうこともありましたが・・・やっぱりイライラが伝わってしまって結局うまく行きませんでした。

なので、常に穏やかでいることが求められます!!
赤ちゃんモデル募集