赤ちゃんモデルの芸能レッスンって何をやるの?

芸能のレッスンと言うと、モデルの場合は、ポージングやウォーキング、ヘアメイク、簡単な演技やダンス、業界でのマナーなどを学ぶところが多いものです。

でも、赤ちゃんモデルは、0~2歳くらいまでのモデルです。

まだ歩けない子もたくさんいます。

言葉が分からない子や喋れない子もたくさんいます。

こんな状態で、ポージングやウォーキングは難しいですよね。

「業界でのマナー」を言われても、分かる訳がないですよね。

赤ちゃんをカメラ慣れさせるためのレッスンを行うことが出来ても、役者が通常受けるような演技や日本舞踊、殺陣などや、歌手が受けるようなボイストレーニング、ダンスなどは出来ません。

なので、赤ちゃんモデルの場合は、登録や所属のみでレッスンを行わないところが多いものです。

3歳になってから、モデル、役者、歌手などの希望に合ったレッスンが受けられることがほとんどです。

しかも、その場合に、入所金がかからず、年会費やレッスン費用のみと言うところも多いものです。

早くお子さんに芸を身に付けさせたいと考えているお父さんやお母さんは、3歳になるのが待ち遠しいことでしょうね。

ただ、これから芸能界入りを目指すための基礎作りとして、親子参加型のリトミックレッスンを行っているプロダクションもあります。

このようなところは、大手のプロダクションや演技や歌などのジャンルにも力を入れているプロダクションに多いかも知れませんね。

リトミックレッスンは、音楽に合わせて、動いたり、表現したりするもので、小さいお子さんに感覚でリズム感や表現力、創造力などを学ばせるには、良いレッスンです。

とは言っても、「レッスンの少ない赤ちゃんの時から、費用のかかる大手プロダクションはちょっと…。」と思うお父さんやお母さんもいるでしょう。

リトミックレッスンは、プロダクションに限らず、皆さんの住んでいる地域の公民館とかコミュニティセンターなどでも、行っていることがあります。

リトミックレッスン専門の教室、リトミックレッスンを行っている音楽教室なども、皆さんの自宅周辺にあるかも知れませんね。

プロダクションに所属してリトミックレッスンを受けるよりも、このようなところの方が費用はお手頃です。

やはりプロダクションのレッスンの方が、芸能向きと言うのはありますが、受けて損はありません。

赤ちゃんモデルのうちに、色々な力を身に付けられるレッスンとして、ぜひ受けてみると良いかもしれませんね。

赤ちゃんモデル体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です